NURO光のキャッシュバック金額は申し込み先でなぜ違うのか?

NURO光のキャッシュバック金額は申し込み先でなぜ違うのか?

私は以前に某光回線の代理店業を営んでいました。
 
元々、インターネットの契約を取る営業マンだったのですが、ADSLから光に乗り換えが進む時期で光回線の需要が高まっていたため、代理店業を始めました。
 
現在は廃業しておりますが、その時の経験を交えて、同じNURO光でなぜ申し込み先によってキャンペーンやキャッシュバックが違うのか、いい申し込み先をどのように探すかなどを、業界の裏話を交えながら説明しようと思います。
 

NURO光の申し込み先は多数ある

NUROを含めてインターネット回線の申し込み先は、大きく分けるとプロバイダとプロバイダと提携している代理店の2つに分かれます。
 
NUROの場合はプロバイダはSo-net1社だけですが、So-netと提携してる販売代理店が大小多数あります。
 
So-netはプロバイダ事業と新規契約者を探す業務の両方を、
販売代理店はプロバイダ事業には一切かかわらず、新規契約者を獲得する業務のみを行っています。
 

なぜキャッシュバック金額に差が出るのか

プロバイダのSo-netを始め、NURO光の販売代理店それぞれが顧客を獲得するために、独自のキャンペーンや特典を付けるわけですが、その中でも一番顧客の目を引けるのがキャッシュバック金額だからです。
 
NURO光の場合は、月額料金や工事費を実質無料にできるキャンペーン等は、どこから申し込んでも、So-netが設定した金額と同じです。正確に言えば、So-netがコストを負担するキャンペーンを代理店が利用している形です。
 
ですので、料金重視でNUROをより安く申し込みたい方はキャッシュバック金額に注目すればいい事になります。
 

キャッシュバックは総額表示になっている

ただし、いちばんキャッシュバック金額が高い代理店から申し込めばいいかと言うとそう単純ではありません。
 
ほとんどの代理店がキャッシュバック総額5万円など、総額表示をしています。
これは、オプション契約や代理店が独自に設定した条件を全て満たした場合、最大5万円のキャッシュバックになるという意味です。
 
ここで大切な事は、キャッシュバック総額から、代理店が指定するオプションの料金を引いた金額が最も高くなる申し込み先を選ぶことです。
 

代理店のキャッシュバック条件の一例

例えば、NURO光の某代理店はキャッシュバック総額8万円となっていますが
 
内訳をみると、NURO光のインターネット回線に加えて、光電話、So-net安心サポート、機器保証サービス、LTEハイスピードVプランへの加入で6万円のキャッシュバック。
 
さらに友達を1人紹介し、NUROに加入すると1万円、最大2人で2万円となり、
合計8万円のキャッシュバックになります。
 
この代理店で申し込んだ場合、
NURO光インターネットの月額4,743円に加えて、オプション料金の月額が合計5,000円(24ヶ月間)を超え、LTEハイスピードプラン用にルーター端末を31,000円で買う必要があります。
 
結局、この代理店を利用すると8万円のキャッシュバックをもらっても、オプション料金とLTE端末の料金でマイナスとなってしまいます。
 
こういう事もありますので、代理店経由で契約する方は、キャッシュバックの受取条件や受取時期をしっかり確認した上でオプション料金等を除いて、実質受け取れるキャッシュバック金額を計算しましょう。
 
ちなみにプロバイダのSo-netから直接申し込んだ場合のキャッシュバック金額は3万円で、オプション契約等の条件は一切ありません。
 

どこから申し込むべきか?

結論から行くとプロバイダとの直接契約がいちばんいい条件になる事が多いです。
NURO光の場合はSo-netになります。
 
理由としては、
販売代理店の収益源は、新規獲得件数に応じてSo-netから支払われる金額になるわけですが、自社の人件費、販促費等、新規顧客を獲得するためにコストがかかっています。
 
簡単に言うと、このコストを新規加入者にオプション契約と言う形で、負担してもらい自社の利益を確保する代理店が多いのが現状です。逆に言えばそうしないと代理店の経営が成り立たないと事情があります。
 
実際に代理店を運営すると特に人件費などのコストが重くかかる上に、獲得件数に応じたフルコミッションで収益が入るため、収益が安定せず、少しでも収益を上げるために、So-netや他社のインターネット以外のオプション契約を抱き合わせで申し込んでもらい、利益を確保しようとします。